連結送水管耐圧試験

耐圧性能試験の実施<10年経過した連結送水管>

消防法17条の3の3の規定(消防用設備等の点検及び報告)に基づき、消防庁告示が改正(平成14年3月12日公布、平成14年7月1日施行)され、その結果、連結送水管及び消防ホースについては、従来の外観点検に加え耐圧性能点検が義務づけられました。

10年経過より耐圧性能試験を3年ごとに実施する必要があります。

※ホースも同様に3年ごとです。

耐圧性能試験の実施

連結送水管耐圧試験

基本的に耐圧性能試験は専用のポンプ車により点検を実施いたします。

試験実施の際に連結送水管の送水口前に試験実施のため、ポンプ車を駐車いたします。

あらかじめ日時・駐車のスペースなど調整が必要です。

点検実施後

点検後に点検結果票と消防設備等点検票(連結送水管部分)を提出させていただきます。

次の消防署提出にご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です